12月12日(月)午後1時40分より、人権集会を開催しました。
この日はまず最初に、
生徒会長より、
当たり前のことが自由にできないのが差別。より深く学びましょう
とあいさつがありました。
続いて、生徒会より、人権アンケートの発表がありました。
学校生活を全員が「楽しい」と感じていないことなどの
発表がありました。
その後、各学年から発表がありました。
2年生は、
歴史の中に見られたさまざまな差別について学習し、
それを受け、各班ごとに、提言を発表しました。
3年生は、
過去や現在の過ちや人権問題について調べ、
各班ごとに提言を発表しました。
その後、県人権・同和教育指導者の道津喜八郎先生による
「わたし」の人権課題と題した公園がありました。
色々な人権についてご説明の後、印象的だったのは
「差別は損」、良い人と出会う機会がなくなるという言葉でした。
最後に、全員で歌を歌った後、若中人権宣言をみんなで読み上げて
終了しました。
人権について、みんなで学びあう貴重な時間となりました。