3月19日(月)晴れ


穏やかな陽光が差し込む体育館で,


「第65回卒業証書授与式」 が挙行されました。

○ 入場(玄関から堂々と)


○ 卒業証書授与
 

~はなむけの言葉~
7名の卒業生へ,校長先生から「はなむけの言葉」が贈られました。
その中からほんの一部ずつを御紹介します。

○ 卒業 おめでとうございます。
  
  常に感謝の気持ちを忘れず、
  一人一人が,勉強に運動に精一杯努力をし,
  充実した中学校生活が送られるよう祈っています。

○ 6年生の皆さん一人一人に

 ★中学校では吹奏楽部で頑張るという気持ちがあるようです。
   しっかり取り組んでください。

 ★将来はイラストレーターになるという夢もあるようです。
   ぜひチャレンジしてほしいと思います。

 ★中学校での活躍を期待しています。

 ★子どもたちをしっかり受け止められる保育士になってください。

 ★将来はプロサッカー選手になるのが夢だと聞きました。 
   ぜひテレビに出て活躍する姿を見たいものです。

 ★プロバスケット選手になる夢をぜひかなえてください。

 ★すばらしい保育士になれると思います。

○ 東日本大震災から・・・

  希望や夢というものは,
  自分自身だけでなく周りの人も元気にしていくものなのです。
  
  夢に向かって歩んできた皆さんの努力は,
  決して無駄になることはありません。
  実は,その努力こそが,とても大切な宝物なのです。
  その宝物をもっていれば,
  次の夢に向けて,また,進むことができます。
  ぜひ大きな夢をもち,かなえてほしいと思います。

○ 高村光太郎 作 「道程」より
  
 「僕の前に道はない,僕の後ろに道はできる。」 
 
 自分の夢や希望は,誰も作ってはくれません。
 自分で切り開くものです。
 その時初めて,自分の行程がはっきり見えてきます。
 自分の夢に向かって,自分自身の道を切り開いていってください。

○ 保護者の皆様に・・・

 本日は,誠におめでとうございます。
 この6年間,本校にいただきました御厚情に厚くお礼を申し上げ,
 お子様の御多幸を祈念して,はなむけの言葉といたします。


       平成24年3月19日 
             新上五島町立浜ノ浦小学校長   﨑   康




<その他の様子>
○別れの言葉(呼びかけ)
 
【1列に並んでいる卒業生7名】       【卒業生と対面し,真剣な在校生】

○退場(入場のときより自信が漲り,大きく見えました)
  


○式後のお見送り(親子でアーチをくぐりました)
  

○お見送り後の様子(玄関で次々に写真撮影中。名残は尽きません。)
 


天候に恵まれた中で,無事に卒業式を挙行できました。
これまで御支援をいただきました保護者の皆様,地域の皆様方に
改めて御礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。

卒業生のみなさん,おめでとう!!